アップルパイ・栗のパイ・シュトーレン

本日はシュトーレン、アップルパイ等仕込みの為
勝手ながら明日の定休日とあわせて営業をお休みさせて頂きます。

粉に対して120%のフルーツ、ナッツを練り込むシュトーレン。
10年以上前になりますが、初めての大口のご注文は結婚式でした。
いつも仕込みになると、あの頃の自分を思い出すのです。
少しは上手になれたかな?

人口おおよそ2万人の小さな町でパンを焼かせてもらってた時のお客さん。
豊中というアスファルトジャングルの中で
あたたかく見守ってくれているお客さん。

パンには人の数だけ捉え方があります。
バゲットを
「このパンはカテし味がねえが」と捉える人もいれば
「このパンでwine呑めます」と捉える人も
います。
その土地に合わせようと近付く努力をする
人が「職人」と呼べるのかな?と僕は思います(^-^)
やわらかいバゲットを前者のお客さんに焼く努力をしなかった昔の僕に反省ですね。

さて、今年もあと2ヶ月!
頑張りますね?感謝!

クリスマスから年末の「栗のパイ」も多数
ご注文頂いております。気になったお客さんはお気軽にお尋ねください(^-^)